img_02

東京における保育士の環境と求人状況

東京への人口流入はいまだに続いており、ココス年も連続して就学前の児童の人口が増え続けています。


また、なかなか上向かない景気の問題や女性の社会進出増加という面もあり、共働きの割合の増加とともに、保育園に子供を預ける必要に迫られる世帯も同じくここ数年増加しています。



東京都では、こうしたニーズに応えるために、0歳児保育を実施する保育園や13時間開所の保育園などを進めています。しかし、保育園の増設や時間延長を推し進めた結果、都内の保育園は、現在慢性的な人材不足に悩まされています。

現在、保育園を利用する児童の数は8、000人程度増えているため、2、000人以上の保育士が必要ですが、逆に年間に約2、000人の保育士が退職していく現状があります。

東京都の保育士情報サイトはこちら技術のご紹介です。

その結果、4、000人以上の保育士が新たに必要となりますが、新卒だけで確保するには非常に難しい数字のため、経験者や資格保有者の確保が必須となっています。
そこで、東京都の保育園では、経験者および保育園勤務は未経験ながら資格は保有している方に対して、積極的に求人を出す傾向が見られます。



その求人内容は、主婦や保育園未経験者でも働きやすいように、扶養範囲内で働けるものや、短時間での勤務も可能なものも多く見受けられるようになりました。


株式会社の保育園では、寮を完備しているところもでてくるなど、条件面では少しずつ改善傾向にあります。また、求人数の増加に伴って、給与面も少しずつ上昇している状況です。